— 宇宙に行くために出来ることはなに?

見ているだけで

絶えず気になってはいたんだけれど、つい忘れて早数年…。何とか「乙夫人お喋り」を買いました。

「エマ」の時もすごかったけれど乙夫人が喋りも隅から隅まで細く書き込まれています。
種族系の情景の絨毯や建築彫刻が特に好きなので、1コマ1コマじーっと眺めてしまう。
衣服のしわや名残の描き方も技能が高いです。ここまで描かれていると漫画というよりモノクロのピクチャーブックを見てるチック。

乙夫人お喋りの年配置は、お婿くんが12年で奥様が20年といった年のズレアベックになってる場所も意外性があって好きです。

大人びてるお婿くんもまだ良い意味で乳幼児くさいところがあるし、凛々しい性質の奥様はふとしたところでお嬢さんな愛らしい現実を見せてくれたりといった特異も魅力的です。

まだまだ1巻しか読んでないのでずいぶん潤い盛りだくさんに読めました。景観返すこともあるし、見ているだけでチャンスが過ぎてしまうね。

途中にある見開きウェブサイトの建築情景は必見ですよ。
筆者はそういった細かいものを描くのが好きなのかな?
私も挿し絵を描いてたシーズンはありますが、不器用なのでここまで描き出せるのは果てしなく妬ましいだ。
ここまで描くには根気が必要ですしね…。

また書店に行く将来、まとめ買いしちゃおうと思います。任意整理 個人再生 名古屋市 相談 弁護士

アーカイブ

カテゴリー