— 宇宙に行くために出来ることはなに?

仕事にも活用できます

ハインリッヒのルールというものがあります。これは、一つの重大事故が起きる前には29回の軽微な事故があり、それが目覚める前には300回のヒヤリといった要を冷ます事故があるのだというルールだ。
それはよく交通事故に例えられます。人身事故など大きな交通事故を起こす前には、人類に突き当たりそうになったとか他の愛車といった危なっかしく衝突しそうになったとかのハッとしたことが何度か発生してあり、それを考えずに無視して今まで通りの移動を続けていて、ひいては重大事故を起こしているのです。
ハッとしたタイミング、或いはヒヤリとしたときに、その要素を考えて慎重な自家用車の移動を心がけていれば事故を防ぐことができたのです。
ハインリッヒのルール(ヒヤリハットのルール)は仕事にも活用できます。
たとえば工場の器材の規制などで、ハッとしたようなことが発生したならば、事前に対応して、そのハッとしたような状況にならないような措置を講じます。それによりヤバイ事故を防ぐことができるのです。事故は偶発みたいに生ずるものであり、それを未然に防ぐことは不可能だと思いがちですが、クオリティコントロール(クオリティコントロール)などの根本では、重大事故を100パーセント防止することができると言っているのです。これは頼もしい根本であると思います。任意整理 個人再生 大阪府高槻市 相談 弁護士

アーカイブ

カテゴリー